水漏れが起こる箇所と修理内容

住宅の中には水を使用する設備がいくつかあります。キッチンやバスルーム、トイレや洗面台が主な場所です。これらの場所は毎日使用するものであり、水に関するトラブルが発生すると生活にも支障をきたしてしまいます。これらの箇所で水が漏れる原因や修理内容を紹介します。

■キッチンの場合

キッチンシンクではどこで水が漏れているのかによって原因や修理内容が違います。シンクの上と言えば蛇口ですが、いわゆる水栓です。パッキンの劣化やカートリッジの故障、ケレップやコマなどのパーツの劣化などが主な原因となります。原因次第では、ホームセンターなどで部品を調達して自分で簡単に修理できるものも多くあります。シンクの下には、排水管や給水管が通っています。給水管や排水管、それらを留めている部品やパッキンなどの劣化や破損、緩みなどによってシンクの下で水が漏れるトラブルが発生します。こちらも基本的には部品の交換や締め直しなどを行うことで修理をすることができるので、自分でも対処することができますが、どこから水が漏れているかわからないという場合は業者を手配しましょう。

■トイレの場合
トイレ 水漏れのほとんどはトイレタンクの劣化です。内部のパーツやトイレタンクに繋がっている配管などが経年劣化することで水が漏れるなどのトラブルが増えてきます。これらの部品や配管は修理することも可能ですが寿命がきているという場合は部品や配管、トイレタンクそのものを交換するという方がベターです。またトイレに流してはいけないものを流すことでトイレ自体が詰まってしまい水漏れが起こることもあるので、普段の使い方にも注意が必要です。

■洗面台の場合

洗面台の水漏れはキッチンの水漏れと似ており、洗面台の上の蛇口などの水栓で起こっているのか、洗面台の下の配管や部品などの破損や緩みなどで起こっているかに分けることができます。キッチンと同じく状況によっては自分で修理をすることもできますし、しっかり直したい、修理に自信がないという場合は業者に依頼することで解決します。定期的に洗面台の下などを見て水が漏れていないか確認しておくと万が一の対処もスムーズに行うことができます。

■まとめ
どんな理由によって水が漏れるなどの水のトラブルが起こるのか、どんな修理を行うのかなどを知っておくことで万が一でも慌てずに対処することができますし、原因を特定することができれば自分で部品などを購入して修理をすることもできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ