賃貸物件の水漏れ修理

マンションやアパート、一戸建てなど、賃貸物件に住んでいる人の場合、水漏れなどの水のトラブルに必要な修理の対処法は自己所有の物件と異なります。借りている物件での水のトラブルにも慌てないためにしっかり確認しておきましょう。

■自分で修理するのはNG?

賃貸物件でも水のトラブルが起こる可能性はあります。基本的に水漏れなどのトラブルの修理は自分で勝手に行うことはできません。というのも賃貸物件は自分の所有するものではないからです。修理などをする際は必ず所有者である大家さんの許可が必要になります。些細な水道 修理でもきちんと確認を取って業者を依頼することが大切です。



■管理会社や大家に連絡する
借りている物件で水のトラブルが起こった場合は、まず管理会社や大家さんに連絡をしましょう。適切な業者を手配してもらうことができますし、トラブルの原因にもよりますが経年劣化である場合は大家さんが修理費用を支払うのが通常です。もちろん使用している中で借り主に過失がある場合は借り主が費用を支払うことになります。管理会社や大家さんに知られるのが怖くて放置してしまうと他の部屋にも被害が拡大する可能性もあるので、見つけたらすぐに対処するようにしましょう。

■夜中に水漏れが起こった場合

管理会社や大家さんに連絡がつかない夜間などに水漏れなどのトラブルが発生した場合は、どこに相談すればいいかわからず慌ててしまいます。電話が繋がる時間までの対策として、水道の元栓を締めておきましょう。水道の元栓を締めると住居の水はすべてストップします。これで落ち着いて待つことができますし、水が止まると冷静になることもできます。管理会社によっては夜間連絡先を知らせてくれていたり、トラブルの対処のために業者の連絡先を予め教えてくれるところもあるので確認しておくとよいでしょう。

■まとめ
賃貸物件の場合は経年劣化によるものか借り主の過失によるものかによっても水漏れの修理の対応が変わってきます。とは言っても借り主が勝手に業者を手配して修理をするのは好ましくありません。予め管理会社などにトラブルが起こった際の対処について聞いておくようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ