自己所有の水漏れ修理

自己所有の分譲マンションや一戸建ての場合は自分で業者を手配して修理費用を支払うことになります。普段から定期的な点検などを行って、トラブルが発生しないようにしておくことで防ぐことができますし、万が一の際も信頼できる業者を探しておくと安心です。

■自己物件は自分で修理が必要

自分で所有しているマンションや一戸建てで水のトラブルが発生すると業者選びから依頼、費用の支払いまで全てを行わなければなりません。一戸建ての場合は周辺の住民や住居に影響が及ぶということは稀ですが、マンションなどの集合住宅の場合は階下の住民などに影響が及んでしまうことから、自宅の修理費用の他にも賠償などで費用が加算されてしまう可能性もあります。


■最悪の場合住宅に影響することも
一戸建ての場合、水道管は床下に埋まっており、水道管の水漏れはなかなか気づくことができません。長年放置してしまっていたという人も存在し、床下で水が漏れていると住宅の基礎などの構造自体に影響を与えてしまったり、湿気やカビなどの原因にもなってしまいます。水漏れを放置してしまったことで、健康に暮らすことができる住まいでなくなるどころか、住宅そのものを建て替えなければならなくなったというケースもあり、こうなると莫大な費用がかかることになります。

■信頼できる業者を探しておきましょう

水が漏れていると気づいたら、まずはどこから漏れているのか確認することが大切です。原因が特定できたらすぐに業者に依頼して修理をしてもらいましょう。大切な住宅を水のトラブルから守り、安心して暮らすことができるように普段から信頼できる業者を探しておくと冷静に対処することができますし、水回りに関するちょっとした相談も気軽にすることができます。悪質な業者に関わらないためにも業者を探しておくのは大切なことです。

■まとめ
自己所有の住宅は様々な修繕を業者に依頼するなどして自分で解決しなければならないことから、ついつい放置してしまいがちになります。ですが水に関するトラブルは放置すればするだけ被害が拡大してしまうので、水のトラブルを発見したらすぐに対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ